過去の大会結果について

2018年より開催されてきた本大会における、過去の優秀な作品・チームを紹介させていただきます。

第1回大会(2018年度)

テーマ

一次審査テーマ 「新しい防災訓練を考える」
本大会テーマ 「日常的にも災害時にも役立つグッズを考える」

本大会参加チーム

  • 愛光B(愛光高校)
  • 市学(市川高校)
  • カズちゃんズ(今治西高等学校)
  • チームかしわざき(柏崎翔洋中等教育学校)
  • 銭形レスキューファイブ(観音寺第一高校)
  • 南海キャンバサーズ(観音寺第一高校)
  • TOFU arch 13th(東京工業大学附属科学技術高校)
  • seventeeeeen(広島高校)
  • 凌雲の志(広島高校)

 

優勝

凌雲の志(広島高校) 「ABILITY BAND」
「ABILITY BAND」とは災害ボランティアを行う際、腕につけるバンドである。日常の中では辺として使用することができる。ボランティアの現場では、そのバンドの色は、身につけている人が協力できること、すなわち能力(例えば青は「人命救助」、桃は「多言語対応」など)を表すため、被災者に過不足ない的確な援助を提供することができる。これにより、ボランティアを行う人が何を行えばよいか分からず、被災者のニーズに応えられないというトラブルを回避することができる。

 

準優勝

カズちゃんズ(今治西高校)「手帳でコミュニケーション」
訪日外国人が増加している昨今、災害時に外国人とのコミュニケーションが不可欠となっているが、すべての人が相手の言語を話せるわけではない。この手帳は、罫線が文字に置き換えられており、災害時に避難所等で必要となる言葉の翻訳本(日本語→英語・中国語など)として用いることができる。また、この手帳を普段使いすることで、繰り返し文字が目に入り、自然と言葉を覚えるようになる効果も期待できる。

南海キャンバサーズ(観音寺第一高校)「とりはずシート」
このアイデアは、車の車内のシートを取り外し可能にし、災害時には避難所でイスやベッドとして使用できるようにすることで、避難所での生活を快適にするものである。

 

第2回大会(2019年度)

テーマ

一次審査テーマ 「地域全体で行う新しい水のイベントを考える」
本大会テーマ 「地域住民が川に親しくなるアイデアを考える」

本大会参加チーム

  • Fishbones (愛光高校)
  • Teenager(柏崎翔洋中等教育学校)
  • 環境洗隊フォーリンジャー(観音寺第一高校)
  • チキン(京都橘高校)
  • フライハイト(城東高校)
  • にがりーず(東京工業大学附属科学技術高等学校)
  • HGC(広島高校)
  • 堀川五坊(堀川高校)

 

優勝

環境洗隊フォーリンジャー(観音寺第一高校)「川あそビンゴ」
高校やまちの目の前を流れる生命豊かな川に注目し、川に生息する生物を収集して景品がもらえるビンゴ、というイベントを考案しました。すべて見つけるという大きなゴールの前にビンゴするという小さな目標があり、子供たちに目的意識をもって川に触れてもらえるような工夫がなされていました。

 

準優勝

Teenager(柏崎翔洋中等教育学校)「僕らのリバーサイドマップ」
事前学習によって地元の鯖石川について調べたところ、新たな魅力をたくさん発見したという体験をもとに、高校生が主導して小学生達とその保護者とともに 1 本の川を対象として絵地図をつくる、というイベントを考案しました。

 

審査員特別賞

Fishbones(愛光高校)「石手川今昔物語」

堀川五坊(堀川高校)「鴨コレ ~鴨川コレクション~」

HGC(広島高校)「花流し」